市川から始めよう!私たちのためのまちづくり

「教科書と教育を考える千葉県民の会」設立集会に参加しました。

会場は千葉市文化センターです。

参加者は祝日にも拘わらず、90名以上!!

千葉県の教育について憂えている人がいかに多いか分かります。

初めに世話人の川鍋光弘さんから経過報告と提案がありました。

そして川鍋氏から提案のあった「教科書と教育を考える千葉県民の会」結成声明が提案され、大きな拍手でもって承認されました。

今年の夏、県の教育委員会から高校教科書採択に関して異常な圧力が加えられました。

実教出版「高校日本史A・B」を選んだ県立高校に対して、同教科書を使用する上での詳細な指導計画などを提出させるなどの異例なヒアリングを実施したのです。

そのため、実教出版の高校日本史を採択する高校が激減しました。

検定済みの教科書に対するこのような圧力や、戦争ができる国づくりのための教育の改悪には、みんなで反対していきましょう!

関連記事




元東京書籍理科編集部「中学理科」 編集長
緑の党千葉県本部 共同代表
特定非営利活動法人楽舎 代表
トランジション・タウンいちかわ 発起人
ページ上部へ戻る